電子工作教材ちょこまカーの極意を伝授

モーターの入手

 

教材キット販売元から買う

ちょこまカー教材キットの製造販売元である株式会社アーテックが、ちょこまカーに使われているモーターを単体でも販売するという話を聞いています。 株式会社アーテックに問い合わせてみてください。ただし単体で購入したモーターにはちょこまカー用の取り付け金具は付属しないと思いますから、金具は再利用してください。 モーターの取りかえ方はここを参照してください。

秋葉原などで入手したい場合は下記の情報を参考にしてください。

モーターの寸法

下の図はちょこまカーのモーターの寸法です。

図:モーターの寸法

このサイズは小型モーター業界の標準らしく、どのメーカーのを買ってきてもネジの太さと間隔まで同じになっています。ただし軸の長さはいろいろあります。 ちょこまカーのモーターは45°に傾けて取り付けられているので、軸が地面(床)にとどくためには4ミリメートル以上の長さがあることが望ましいです。じつは軸の太さやハウジングの角の丸みを考慮すればもう少し短くても届きますが、あまり短いとチューブがはずれやすくなります。
 このサイズのモーターは国産ではマブチとかミネベアとかサンキョーなどが作っているようですが、最小ロット数万個でないと売ってくれませんから、秋葉原などで売っているのを探すしかありません。したがって、電圧やトルクの仕様を指定することは事実上不可能です。 買ってきたのが使えることを祈りましょう。

具体的にはどこで買えるの?

2012年現在、秋葉原の千石電商で1個100円で扱っているのが使えます。下の写真の左側のモーターです。おなじような形で直径が太いのも同じ売り場にあるので気をつけてください。 右側のは2010年頃に国際ラジオに出ていたものです。出物ですから今でもあるかどうかわかりません。

写真:同じ寸法のモーターの例

モーターの種類が違えば回転方向が違ったり速度が違ったりしますから、違う種類に交換するときは必ず2個同時に交換しましょう。